天窓からガラス瓦へ

こんばんは。

瀧田屋瓦工務店です。

 

京都市東山区で天窓からガラス瓦へ交換工事のご紹介です。

 

まだ築浅のご住居ですが天窓(トップライト)から雨漏れがすると言うご相談を受け天窓の雨仕舞いの鉛が腐食して穴が開いてそこから雨漏れしてると思いますよとご返答いたしましてまずは応急処置に向かいました。

   

以前に応急処置でシリコンでコーキング処置をされたそうですがそれでもまだ雨漏れがしているとの事で点検させていただきました。

   

釘の先端にある穴がわかりますか?

見えにくい場所にも穴があるんです。

 

   

瓦の上に被さってる鉛のシートが瓦と段差があり、鉛のシートに水が溜まるような収まりになっていますね。

鉛シートをめくるとこちらです。

 

かなりの年月雨が侵入していて瓦を固定している桟木が腐食してボロボロといいますか溶けてなくなっている箇所もありました。

 

天窓の雨仕舞いが新しい製品でも鉛シートなんですが瓦との段差は確実に出来てしまうので瓦屋といたしましては下敷きの瓦を加工して少しでも段差を軽減させるのですがこちらはなにも施されていなく水が溜まり穴に入りっぱなしの状態でした。

応急処置で鉛シートにたっぷりシリコンを打ち、段差を減らしました。

応急処置とは言え御見積、工事をされるかどうか考えられる間も雨漏れが少しでも無くなるようしっかり

コーキングしました。

     

鉛シートを使った天窓は必ず10年程度で鉛に穴が開いて雨漏れの原因になりますのでオススメしません。

次回、ガラス瓦の登場です。

 

京都市屋根修理

京都市雨漏り

京都市瓦屋

お困りの方は是非、瀧田屋瓦工務店へ。

 

大津市屋根修理

大津市雨漏り

大津市瓦屋

お困りの方は是非、瀧田屋瓦工務店へお気軽にご連絡ください。

京都市内や大津市内以外の京都府宇治市や城陽市、滋賀県内は勿論、大阪へもお伺い出来る範囲内でしたら喜んでお伺いさせていただきます。

軽微な修繕から葺き替え工事は勿論、室内リフォームや外壁塗装工事、本物の数寄屋建築・茶室工事まで対応しております。

 


一覧ページに戻る