京町家

こんにちは。

 

瀧田屋瓦工務店です。

 

今日は朝から町家さんの改修工事の打ち合わせに行ってました。

潜り門を潜ると立派な京町家が。

 

当社は建物の瓦屋根の葺き替え工事と潜り門の棟の積み替え工事。

板金工事を担当させていただきます。

近年京都の町家さんの人気が上昇し、地方のお金持ちが転売目的で買い、利益を生むような悲しい使い方がされておりますが京町家の空き家が増えているのも事実です。

最近では京町家を改装したカフェや店舗も増えていますが今回この町家さんはオーナー様が純粋にお住まいされるために全てリフォームされます。

 

京都市に産まれ育ち、小さな頃から自然と見ていた京町家が本来の意味を果たす。そんな作品に携わらせていただける事に本当に感謝しております。

僕自身、茶室や京町家の屋根を触る事がなにより大好きですので必ずいい作品に仕上げます。

くたびれた屋根がエレガントに仕上がり生き返ります。

同じ瓦を使用していてどれだけ腕の良い職人が葺いてもその職人の魂がこもっているかこもっていないかでその作品が出すオーラが違います。

瓦屋根工事を仕事とするのか作品とするのかではオーラが違います。

僕自身も確かに生活はしていかなければ行けませんし会社の維持や蓄えも必要です。

が、僕も職人です。 自分の手掛けた作品には全て想い入れがありますしまだ瓦屋として17年程のまだまだ未熟者ですがそれでも、自分が出せる技と経験は全て注いでます。

経験が物を言う世界ではありますが新築だけを触ってきたのか。

古い町家さんの改修工事ばかり経験してきたのか。

 

お寺さんや神社を触ってきたのか。

 

それぞれ経験した事で差は歴然です。

有難い事に僕は修行時代年間工事の99%が古い屋根の葺き替え工事でした。

お寺や神社の葺き替え工事も経験させていただきましたし重要文化財や有形文化財も触らせていただきました。

この経験を更に生かすためにお休みの日はよく京都の町家さんを見に行ったりお寺さんや神社にも行きます。

子供の頃から生活している場所ですがその時のお天気や時間、季節で瓦屋根の表情は変わります。

なので何回も同じ場所を歩いてお庭にも入ったりして感性を養い先人達の築き上げた作品を目で見て心で感じるんです。

これが瀧田屋瓦工務店の引き出しです。

上には上が必ず居ます。

僕の瓦屋仲間には世界遺産の瓦屋根工事や国宝の瓦屋根工事を普段からしている職人がいっぱい居ます。

そんな職人には敵いませんが自分には自分にしか出せない味が必ずあるのでそんな唯一無二の味見をしていただけると嬉しく思います。

 

エレガントで優雅な屋根をコンセプトとしております。

 

僕の使命は瀧田屋瓦工務店に御依頼ください。

ではなく、1人でも多くの方に瓦に興味を持って頂きたいので発信しています。

蔓延している瓦工事業者と名乗る素人さんも沢山居ます。

 

瓦じゃない材料を瓦と言って一生大丈夫なんて言う業者に騙されたお客様も居られます。

瓦を使っていてもその立地条件や施工方法で本来長持ちする瓦か長持ちしない事もあります。

使う材料でも違います。

なので、より、良い瓦屋さんでしっかりとした施工をしていただきたく、発信しております。

 

瀧田屋瓦工務店では使用する材料は全てご説明させていただき、現物もお見せしております。

ただ、瀧田屋瓦工務店には瀧田屋瓦工務店の味付けがありますのでここでは施工方法は詳しくは載せていません。

御依頼頂いたお客様には明確にお伝えしております。

 

有難い事で、瀧田屋瓦工務店で施工させていただきました施主様には自分の家の屋根を見上げるようになった。

早く家に帰るのが楽しみになった。

家の屋根が見えると嬉しくなる。

 

周りの屋根が気になるようになった。

 

等、大切な我が家を改めて好きになって頂けております。

我が家は大切なお城ですのでいつまでも好きで居てもらいたいです。

京都市屋根工事

 

京都市雨漏れ

 

大津市屋根工事

 

大津市雨漏れ

 

京都市瓦屋

大津市瓦屋

 

お住まいの事でお困りでしたらお気軽にご相談ください。

 

 

 


一覧ページに戻る